1. トップページ
  2. サービス情報
  3. 電力の販売サービス

電力の販売サービス

契約を切替えるだけで電気料金は削減できます ~電力会社は選ぶ時代~

沖縄ガスニューパワーを選ぶメリット

沖縄ガスニューパワー自体が電気の供給元となるため、今までのような「省エネ機器の設置」「デマンドコントローラーの設置」「電気料金削減コンサルティング」を実施することなく

お安い「電気」そのものをお届けすることが可能です。

今までと同じ安定供給

沖縄ガスニューパワーに切替えても、送電線は従来と同じく「地域電力会社の送電線網」を利用しますので、電気の信頼性と品質は変わりません。

従来より安い電気料金

高圧以上(受電電圧6,000V以上)で受電している建物であれば、従来より安い電気料金を実現できます。
※お客さまのご使用状況によっては、従来よりお安くできない場合がございます。

簡単な書類手続きだけで契約の切替えが可能

沖縄ガスニューパワーへの切替えは初期投資などのお客さま負担は原則ありません。書類手続きだけで切替えが可能です。工事が必要な場合でも工事費や調査費は電力会社が原則負担します。

なぜ、現行の電力会社より安い電気料金を実現できるのか?

電気の使い方がポイント

電力会社の料金は2部料金制になっており、電気の使用量に係わらず、契約電力(kW)により決定される「基本料金」と電気の使用量(kWh)により決定される「従量料金」があります。

契約電力に対して電気の使用量が少ない(=負荷率が低い)お客さまは、電気料金に占める基本料金の割合が高くなり、1kWhあたりの電気料金が割高になっている場合が多いです。

沖縄ガスニューパワーが電力会社より安く電気を供給できるかどうかのポイントは
『1kWhあたりの電気料金』
つまり、負荷率が低く電気料金が割高になっているお客さまが対象となってきます。

お客さまの電気料金単価は、
負荷率の低いお客さま・・・4,000÷200=20円/kWh
負荷率の高いお客さま・・・6,000÷400=15円/kWh

電気料金単価(円/kWh)=年間電気料金(円)÷年間使用電力量(kWh)

沖縄ガスニューパワーはお客さま毎にお見積もりしております

お客さまの契約電力、年間電気使用量などを参考に検討し、現在ご契約の電力会社の料金体系をもとにお見積もりを個別に作成しております。

※燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金は、制度、料金共に該当エリアの電力会社と同一になります。

お見積もり対応範囲
2016年4月より、電力自由化がスタートします。当社における電力の販売サービスは特別高圧(20,000V以上)および高圧(6,000V以上)で受電するお客さまを対象としております。一般家庭を含む低圧のお客さまへの販売は現在のところ対応しておりません。
特別高圧 高圧 低圧
受電電圧
20,000V以上 6,000V以上 100~200V
需要規模
原則2,000kW以上 500kW以上
50kW以上
※一部例外あり(50kW未満でも6,000V受電であれば高圧受電扱いとなる)
50kW未満
自由化開始時期
2000年4月~ 2016年4月~ 2016年4月~
ページのトップへ